主人と出会ったころのこと。お互いがまだまだ緊張しているような時期だったのですが「京都へ行こう!」ということになました。道々、サービスエリアに寄ったりしながらゆっくり行こうね~と、その頃主人が乗っていた「アクア」で出かけることになりました。

家まで迎えに来てくれた時、「僕のお気に入りのCDを入れてきたから♪」と楽しそうに言い、当時流行っていた米倉利紀のCDをかけ始めました。

それまで私はあまり聞いたことがなかったのですがメジャーな曲はわかったので「これ知ってる!いいよね~」と言うと「これ、いい曲だよねー♪僕も好きなんだわ」と言ってもう一回聞かせてくれようとしたのかリピートを押したのです。

そして、そうこうしてるうちに高速に入るための環状線にのったんです。しばらくスムーズに走り、私も外の景色を楽しんでいたのですが、ある程度走ったら「ん?もしかして何だかさっきも見た景色かな~?」と。

さらに走っているうちに「あれ?もしかしってじゃなくまたまた同じ景色」ナントナント初めての遠出デートで緊張しまくっていた主人は(その頃は「彼」でしたが)あまりの緊張具合に環状線から高速に入るのを忘れていたとかで(笑)結局のところ、環状線を3周!

その後は、無事高速に乗れて途中のサービスエリアにも寄って楽しい京都の旅だったのですが、京都までの片道約2時間ほど、米倉利紀の「ANNIVERSARY」が延々と流れていて着くころには歌えるほどになってしまった私(苦笑)

最初にリピートを押したものの解除するのも忘れてしまったとか。環状線をぐるぐる周り、リピートした一曲をひたすら聞き続けながらの何とも初々しい(!?)ドライブでしたが、今でも思い出して2人で笑ってます。