カテゴリー: 思い出

ドライブの楽しさを教えてくれたのは今の夫

免許を取ってみたいなと思ったのは友人とのドライブが楽しかったからでした。あまり旅行はしないし、交通手段は電車や自転車、バス、徒歩など車に頻繁に乗る生活をしていなかったので、これまで車に縁がありませんでした。なので、未知の体験である車自体に興味があったというのもあったかもしれません。

これまでの友人とのドライブで一番記憶に残り楽しかったことは、山頂付近にあるお土産屋さんに連れてもらった時の事です。そこは天気が晴れていると山頂付近から街並みが見渡せるし、山に向かうまでの景色も綺麗で、お土産屋さんには珍しい民芸品があると聞いていました。

その日は朝から晴れていて、昼頃に待ち合わせをした友人とさっそくドライブに出かけました。行きはとても楽しく、会話もはずみました。車の中にいるのに、山頂付近の景色を見ていると、なんだか車の中も空気が美味しような気もしました(笑)

紅葉には少し早いくらいの時期でしたが、山頂付近は早くに紅葉が始まっているようでした。お目当ての山頂付近のお土産屋さんについた私たちは、軽食をとり、珍しい木工の民芸作品などを購入し帰路につこうとしました。

お店を出てびっくりしたのが、駐車場が霧のもやに覆われていたこと。とても濃い霧で、こんな風景は生まれてから一度も見たことがないというレベルでした。

こんな霧の中でふもとまで降りるのは危ない・・・でも、暗くなった方がもっと危なくなるかもしれない・・・そんな葛藤を二人で繰り返し、とりあえず降りるという答えに決定しました。

運転の上手い友人も考えあぐねていたのが少し心配でしたが、とにかく車は出発。霧のためハイビームでライトを照らしても数m先の霧と地面が照らされるだけという天候の悪さ。友人は慎重に車を運転していました。ただでさえ山を降りる曲がりくねった道でしたから・・・。

運よく前の車に追いつき、前の車を目印に運転できるようになったころ合いから、二人の中で安心感が出てきました。そうしたら、周りを見渡す余裕も出てきて「周りが全然見えないね」「霧しか見えない」「本当に(笑)」という感じに、この濃霧を楽しめるようになれました。

ふもとまで降りると霧は薄くなり、小雨が降っていました。運転する友人は気が気じゃない体験だったかもしれませんが、助手席に座る私自身にとってはあれだけの濃霧は初めてだったので、なんだかドキドキするアトラクションを体験したような記憶となり残りました。

ドライブという楽しみを自分一人でも楽しんでみたい、友人を今度はこちらからドライブに誘ってみたい。自分で運転する楽しさも知りたいなということで免許取得の計画を立てるまでになりました。車でドライブすることを教えてくれた友人は今は私の旦那になりました(笑)

今の私は旦那ほどではありませんが運転もできるようになり、たまの休みには旦那と連れ立って互いに交代に運転をしたりしてドライブを楽しんでいます♪

忘れられないアメリカでの友人との思い出

ドライブは昔から好きで、それなりに友人などと行ってきました。免許を取った当初は長野方面や群馬、新潟方面など温泉などにドライブに行きましたし、都内に1人ぐらししている時も祖父母の家も都内だったので、自分の部屋と祖父母の家の往復をドライブとして楽しんでいました。今までで一番楽しかったドライブと言えば国内でのドライブではなく、海外で運転した時です。

語学留学してた時期に学校が市内と離れていて遠かったので、毎日のようにレンタカーを学校の駐車場に駐めておいて友人たちとドライブに行きました。左ハンドルで無料のフリーウェイに乗りサンタモニカの海やロサンゼルスのダウンタウン、山の上に夜景を見に行ったグリフィスパークへのドライブなどが忘れられません。日本でも高速を飛ばして温泉などに行くドライブが好きなのですが、海外でのドライブはまわりの車の飛ばし具合やちょっと行き先を間違えるととんでもない所に行ってしまうのではないかという緊張感がたまりません。

また当時若かったので、普通に夜道を日本人の友人と3人だけでドライブしている感じも危なそうな感じがして田舎道などは楽しかったです。日本だと何も感じないですが海外で田舎の夜道を3人の友人とドライブしていると妙な連帯感が生まれて、お菓子を買ってたべたり車内でしているだけで遠足のような気分を思い出し楽しいドライブでした。

ドライブは基本的に昼よりも夜のライトのついた高速とかが雰囲気あって好きなのですが、日本のサービスエリアや道の駅などにいって物色するのもドライブと旅の融合で好きです。最近は全然ドライブ行っていないので、これからはお金もあまりなく節約もしたいので軽自動車などを買ってドライブに出たいです。

あの白ブドウのジュース

彼女と付き合い初めて間もない時に、ドライブデートの時に車の中でアクシデントが起きました。車に乗っている途中に、喉が渇いたからと言って、パーキングエリアで白ブドウのジュースを買って車に乗っていました。この白ブドウが、後に悲劇を起こすとは思っていなかったのですが、自分の好きなジュースで良かったかもしれないですね。

運転していると彼女が急に叫んで、「ジュースをこぼした」と言ってはしゃいで?いました。白ブドウが幸いして、白い服に目立たないように、太ももから下はびしょびしょに濡れていました。寒い時期でもなかったので、本当に不幸中の幸いでしたね。

高速道路を降りると、すぐにタオルで服を乾かすように拭いて、その後のテーマパークのデートを楽しみました。デート中は、ジュースをこぼしたことは考えてなかったのですが、帰りの車の中で、今日の一番の思い出は何かという話になった時に、ジュースをこぼしたことが一番にあがりました。アクシデントというのは、デートの内容よりも鮮明に記憶に残ると言うことなのですね。

10年後に、久しぶりに同じ道を通る機会があって、同じように自分では普段飲まない白ブドウのジュースを買って、あの時のことを覚えてる?と聞いてみました。あれだけ楽しかったアクシデントを忘れるはずがない、と懐かしむように話してくれました。10年経ったことも、忘れるくらい同じシチュエーションが出来ると、簡単に過去に戻れるんだと不思議に思いました。

彼女とは結婚することになりましたが、こぼしたジュースがもしかすると良かったのかもしれないですね。あの白ブドウのジュースは、こぼした時の1本と、10年経った時に飲んだ1本だけです。また10年したら、昔を思い出すようにあの白ブドウのジュース、今の奥さんと飲みたいなと思います。

無計画に出かけて四万十川で泳いだ

20代前半の頃は自分の車を初めて持ったということもあり、あらゆる場所へドライブへ出かけた。友人達も学生やフリーターなどをしていたので、時間の都合もつけやすく、暇さえあれば、無計画でブラブラするのが定番だった。夜中に出かけ、朝方帰るなんてのは当たり前、昼間に出発し、車内泊をしての遠出をすることも。

なかでも思い出深いのは、友人の車で出かけた四国旅行。その時、友人が乗っていた車はトヨタのアクア。しかも集まったメンバーは4人と、ただでさえ狭い車内にぎゅうぎゅうになりながら、出発。集まったメンバーはそれぞれ、その先の三日間は予定もなくいつ帰っても大丈夫だったので、あてもなく四国を目指す。

地元の大阪を出発し、明石海峡大橋を経て、淡路島から徳島へ到着。徳島ではかずら橋や大歩危小歩危など清流や大自然を満喫。その後うどん目当てで香川に向い、うどん屋を2件梯子。そこから南下し、高知県へと突入。出発が遅かった事もあり、だんだんと日が暮れあたりは真っ暗に。高知県の太平洋側沿いの海に沿った道を走っていたが、建物も少なく、あかりは月明かりのみ。

行き当たりばったりのドライブ(ぶらり旅?)だったため、宿の手配などもちろんしておらず、そのままドライブ続行。適当なところで車を止めて、仮眠を取りながら、四万十川を目指す。明け方頃には四万十川付近に到着したので、四万十川沿いの道を上流を目指しながら走り、泳げそうなポイントで停車。

事前に準備していた水着に着替え、思いっきり泳ぎ遊び倒す。しかしながら、皆、十分な睡眠をとっていなかったので、それほど体力も持たず、そこそこで撤収。まだまだ時間的には余裕のある日程だったが、四万十川まで来たことで、皆満足し特に他に寄るところも思いつかず、そのまま帰路へ。4人が交代で運転し、他の3人は仮眠をしてすぐに自宅へと帰宅。

プランも計画もなくめちゃくちゃなドライブ旅だったが、若さ故の勢いがあり非常に思い出に残っている。

我が家の楽しいドライブ

昨日、私は家族で温泉に入ることをゴールとしてドライブへ行ってきました。今回のドライブでは温泉だけでなく、最近かなり賑わっている高速道路のサービスエリアに立ち寄ることにもこだわって行ってきました。

我が家には子どもが2人いるのでチャイルドシートが装着されているのですが、昨日は姪っ子も連れて行くということで余分にもう一つチャイルドシートが必要でした。ですが我が家のアクアはそこまで大きくない収納式の7人乗りで、さすがにチャイルドシートを後部座席と助手席に装着してしまうと車内が狭くなり、4人いる大人の身動きが取りづらく、ドライブが楽しめなくなってしまうということで、我が家の車を使うのを止めて珍しくレンタカーを借りて行ってきました。ですが、借りたレンタカーが良かったのか、運転などにも支障は無く逆に新鮮な気分でドライブを楽しめました。

しかも、借りたレンタカーは運転するのが初だったハイブリッドカーだったのですが、びっくりするくらい燃費が良くて、エンジン音も静か、初の私には驚きでした。ちょっと買い換えたくなるくらい良かったです。

ドライブ中は車内で普段の子どもの成長の話で盛り上がったり、親の会社での愚痴を聞いてあげたりと色々な話題で盛り上がり、とても素敵なドライブでした。因みに男は2人だったのですが、サービスエリアに寄る度に女性陣がグルメを楽しむため、男2人は写真を撮る係みたいになっていました。まぁ、それも楽しかったです。

そんな感じで今回のドライブでは結果的に温泉地での写真よりも女性陣が子ども達とサービスエリアでグルメを食べている写真がやたらと多かったです(笑)何にせよ皆が楽しいドライブになりましたので、とても素敵な一日になり良かったです。

またこの家族メンバーで、今度はまた違った目的地にしてドライブに行きたいと思います。
そんな昨日の、我が家の楽しかったドライブについてでした。

今でも思い出して2人で笑ってます

主人と出会ったころのこと。お互いがまだまだ緊張しているような時期だったのですが「京都へ行こう!」ということになました。道々、サービスエリアに寄ったりしながらゆっくり行こうね~と、その頃主人が乗っていた「アクア」で出かけることになりました。

家まで迎えに来てくれた時、「僕のお気に入りのCDを入れてきたから♪」と楽しそうに言い、当時流行っていた米倉利紀のCDをかけ始めました。

それまで私はあまり聞いたことがなかったのですがメジャーな曲はわかったので「これ知ってる!いいよね~」と言うと「これ、いい曲だよねー♪僕も好きなんだわ」と言ってもう一回聞かせてくれようとしたのかリピートを押したのです。

そして、そうこうしてるうちに高速に入るための環状線にのったんです。しばらくスムーズに走り、私も外の景色を楽しんでいたのですが、ある程度走ったら「ん?もしかして何だかさっきも見た景色かな~?」と。

さらに走っているうちに「あれ?もしかしってじゃなくまたまた同じ景色」ナントナント初めての遠出デートで緊張しまくっていた主人は(その頃は「彼」でしたが)あまりの緊張具合に環状線から高速に入るのを忘れていたとかで(笑)結局のところ、環状線を3周!

その後は、無事高速に乗れて途中のサービスエリアにも寄って楽しい京都の旅だったのですが、京都までの片道約2時間ほど、米倉利紀の「ANNIVERSARY」が延々と流れていて着くころには歌えるほどになってしまった私(苦笑)

最初にリピートを押したものの解除するのも忘れてしまったとか。環状線をぐるぐる周り、リピートした一曲をひたすら聞き続けながらの何とも初々しい(!?)ドライブでしたが、今でも思い出して2人で笑ってます。

息子とドライブに

子供の頃から車が大好きだ。土曜、日曜は家族でお出かけするのは殆ど車だった。揺られている感覚が好きで、それは今でも変わらない。
ドライブの一番の思い出は父と和歌山県の海へ2人で出かけた事。まだ18歳ぐらいだったかな・・・
現在30代の私にとったら遠い記憶だけどその日の風景と潮風はちゃんと記憶に残っている。
父の事が嫌いな思春期が終わったころだったんだと思う。私は3人姉弟の長女で、この日は私と父の2人きり。特別な感じがして、妹や弟より自分は大人なんだよ・・・って鼻高々な気分だった。
どうして2人だったのか経緯はわからないけれど父は普段よりもおしゃべりになり、母との出会いや、自分の大学時代の話を私にした。
父は私にきっと出会いの大切さと青春時代を大切にして欲しいという思いを伝えたかったんだと思う。
父が思うような娘に育ったかどうかはわからないけれど、私は父の娘に生まれたこと、本当に幸せだと思っている。
あれから15年以上の時が過ぎ私も2児の母になった。
残念ながら私はペーパードライバーなので子供たちを連れてドライブはできないけれど、主人もいつか私の父のように、娘と2人でドライブに行ってほしいと思う今日この頃である。
私も頑張って運転できるようになったら、息子とドライブにでかけるのもいいかもしれないなぁ。