カテゴリー: ドライブ

クビに冷湿布をすると車酔いしません

首湿布で車酔いしない

私は子供の頃から車酔いをするほうで、いつもバス旅行では前の席に座って大人しくしていました。

しかし、自分で車を運転するようになってから、車酔いはしなくなりました。自分で車を運転する時は、車が傾く方向がわかるので酔わないらしいです。

今でも後部座席に乗ると、車酔いをしてしまうことがあります。特に山道でのドライブはかなり揺れるので、助手席でも酔ってしまいます。

近くの場所へのドライブならば良いのですが、1時間近くのドライブになると酔ってしまいます。体調によって車酔いの度合いが違ってきます。

長距離のドライブを楽しむためには、やはり車酔いを治していくしかありません。首の後ろを冷やすことで、自律神経が整い、吐き気がなくなってきます。

私は昨年の夏、ドライブ中に車酔いになってきたので、冷シップを首の後ろに貼りました。すると、徐々に吐き気がなくなってきて、体調が回復してきました。

ドライブ先での食事も美味しくいただくことができました。この効果を知ってからは、カバンには必ず冷シップを入れておくようにしています。

私が運転すれば車酔いをすることはなくなります。しかし、私はかなりの方向音痴です。

知っている道でも時々間違えてしまうことがあります。一人で乗っている時は、仕方がないと思えるのですが、家族を乗せる時はいつも非難されてしまうので、それがストレスになってしまいます。

それが嫌で一人以外ではあまり運転をしなくなってしまいました。それでもドライブ自体は好きなので、機会があればドライブをしたいと思っています。

ドライブを楽しむためにも、自分できる対策をいろいろとやっていきたいと思っています。最近はカーナビが充実してきているので、知らない道でも迷うことなくドライブをすることができます。

それでも道が変わってしまったり、カーナビにはない道の方が便利な時もあります。カーナビに頼りつつも、時には違う道を走ることも少なくありません。

ドライブ中は安全優先なので、なるべく他の物を見ないようにしています。ポケモンGOをやって事故を起こす場合もあります。

私も以前は何かをしながら車を運転していたこともあったので、今後は安全運転のためにも止めようと思いますい、十分行気を付けていきたいです。

photo: https://whisperingearth.co.uk/

週末を自由に一人ぽっちドライブしてストレス発散!

クルマでドライブといえば昔は彼女とデートとか友達と遠出とかそういうイメージが強かったですよね。でも近年では独身の男女間でムーブメントになっているという記事を見かけました。なんでも一人で愛車で遠出をしたり、高速道路を走ったりするひとりぼっちドライブだそうです。

正直私は元々このひとりぼっちドライブというのを実行していたので、このニュースを見たときはなにを今更と思ったものですが、よくよく考えるとこのひとりぼっちドライブ、今の社会を象徴する趣味だなと思いました。

ちなみに私がひとりぼっちドライブをする理由は一人旅をする人と同じ理由です。せっかくの休日、一人で自由に時間を使って好きな場所にいきたいというものです。ちょっと目的から外れて寄り道したり、疲れたら近場の温泉に入ってみたりそういう予定外のところにひとりぼっちドライブの魅力があると思います。

ただ、現在のひとりぼっちドライブ。自由な時間を楽しむというよりはむしろストレスの発散方法として日常のイライラをドライブにぶつけるという意味合いのほうが強いらしいですね。 確かに今の世の中は昔以上にストレス社会、仕事や家庭での嫌な事もたくさんありますものね。

それでもせっかく高いお金をだして買った愛車なのですからネガティブに使わずに楽しく乗ってもらいたいなと思います。ドライブで出会える景色は一期一会ですからその瞬間を思う存分楽しむことでストレスなんていつのまにか消えていったりしませんか?それで週末はドライブだと考える楽しみが増えると普段の仕事もきっと楽しくなるのかなと思います。

実際私はひとりぼっちドライブを始めてからは、嫌でしょうがなかった仕事も楽しくなり、家族との関係もより良好になりました。ぜひ趣味の一つとしてひとりぼっちドライブいかがでしょうか?

ドライブ自体がリラックスの元

私は、ドライブをすることが大好きです。それは元々、車に乗ることが好きということがあって、どこかにいく時には、ほとんど車を利用することにしているところがあります。

そして、ドライブをする時、海が見える方面にいくことが多くなっています。その海の方面にいくようになったのは、海を見ることが好きというところにあります。雄大な海を見ていると、とてもおおらかな気持ちになることができるのです。

そしてそのように海の方面にドライブにいく時は、大体落ち込んでいることが多いです。その落ち込んでいるというのは、仕事で嫌なことがあった時とか、家庭でつらいことがあった時など、出かけることにしています。

車が便利と思うのは、そのように嫌なことを吹き飛ばしたいと思った時、直ぐに移動することができるということです。車を運転して、自分が心を解き放すことができる場所まで、ドライブをすることができるのは、とても幸せなことだと思っています。

そして車を運転していると、その時点でなんだか気持ちがリラックスしてくるのです。それは多分、その自分が好きな場所にいくことができるという気持ちが、そのようにリラックスすることができていると感じています。また、そこに到着するまでの道のりが大切と感じることができます。窓を開けると、潮風を感じることができたり、かもめの鳴き声をきくことができると、なんとも言えない開放感を感じることができます。そしてドライブをしている時からだんだんと、心が楽になってくるのです。

その後、その目的地に到着した時には、すっかりと気持ちが明るくなっている自分に気づくことができます。そのことを思うと、目的地に到着することよりも、そのドライブをすること自体が、私の心を楽にしてくれているとおもうことができます。

やーだよと言う息子と一緒に

最近、息子(3歳)に「ドライブに行かない?」と誘ってみます。すると息子は「やーだよ」と言い、一度断るのですが、「ぼく、行く」ところっと態度を変えてアクアに乗り込みます。

恐らくジュースを買ってもらえることに気付いたのでしょう。私のドライブコースは決まっていませんが、そんなに遠くへは行きません。あまり長いと息子が飽きて寝てしまうので。大体どこそこの公園までと決め、公園でしばらく遊んで家に帰ります。

この間は久しぶりに行った公園(所要時間30分くらい)では駐車料金をとられ、遊具は改装工事中で遊べず、100円で動く乗り物もビニールシートがかけられ乗ることができませんでした。何も遊ぶものがない…息子と私は悲しくなりました。

とりあえずブラブラ園内を歩き、ハトを追いかけ、斜面でゴロンと寝転んでみました。空の上で飛行機雲を残した飛行機がブーンと飛んで行きました。「あ!飛行機!」と息子は言い、見えなくなるまで空を見続けていました。「帰ろうか」と私が言うと「やーだよ」と息子がいいます。とりあえず言っとけ的な感じです。

でも一応ジュースで釣って、再度帰ることを勧めると、「ぼく、かえる」と素直に帰ります。そして帰り道、息子お気に入りのサザエさんのテーマ曲を流しながら家までの道をドライブしながら帰ります。私のアクアはここを参考にしました。

夫婦で無計画なドライブ

基本的にドライブは大好きです。ただ、免許はあるものの車を持っていないので私の場合はもっぱら乗せてもらう側。
でもただ景色が動いていれば満足なのでどこへ行くのもあまりこだわりはありません。助手席は少し運転手に気を使うのでできれば多人数で乗っているときの後部座席が最高。音楽はまああったほうがいいですけどその辺はドライバー優先です。

ということで行った場所より車中の思い出しかなかったりしますが、学生のころはよく無計画な車の旅に便乗させてもらっていました。最近は子供もできたので友人と気ままにドライブというのもなくなってしまいましたが。

しかし子供がドライブ好きな私の血を継いだようで、赤ちゃんのころから車に乗せさえすれば機嫌のよい子でした。子供のイヤイヤ期で私も疲れ果てていた時期、週末は主人にアクアに乗せてもらうことが私のリフレッシュタイムでした。とにかくアクアで移動中は私も何もしなくていい解放感。
(アクアはこちらを参考に安く買えました>>http://xn--ccka2b957t4yz.net/

家にいればあれやこれとやらなければいけない家事が目に付きますが、アクアに乗ってしまえば何もできないし子供も静か。最高です。

とりあえず走ってて~は主人にとっては酷だとは思いますが。ちょっとわざわざ遠くまでご飯を食べに行くとか、そういったプチ贅沢で子育ての辛さのピークを凌いでました。

最近はおしゃべりがピークの子供が車中で喋りまくるようになってしまってそれもまたお預けになってきましたが…。

今度は早く子供が成長して、また夫婦で無計画なドライブができる日を心待ちにしています。

ビュービュー冷たい風

もう何年も前の事。バイトで知り合った仲良し4人組の女子グループで1泊2日の温泉旅行に出かけることになりました。
そのうちの一人は運転が好きな子で「私がアクアだすよ」と快く引き受けてくれました。

みんなでワクワク!高速に乗ってあちこちのサービスエリアに寄って美味しいものをちょっとずつ食べながらの女子旅。本当に楽しくてみんなで歌を歌ったりして♪

いよいよ高速おりるよ~という時になってアクアの助手席にいた私が「はいっ!」と料金を渡そうかと思ったその瞬間、料金を払うために運転していた子が開けた窓がストンと音をたてて車のドアの隙間に落ちて行ってしまったのです。

当時、高速道路はETCなんてものがなくて出口でお金を渡すという方法。とりあえずお金を払って走り出したのですが「なんかやばいことになったかも」と車内はシーン・・・

そうした所、運転手の子が急に大爆笑しだしたんです。つられて同乗していた全員も大爆笑。
その子の車、かなりの年代モノで窓が自動ではなくクルクルで開閉するという方式だったのですが、そのクルクルがどうかなってしまったようで窓がそのまま沈んでしまい自分たちで何とかしても引き上げれない状態に・・・

真冬だったのに全開状態で走ることとなりました。ビュービュー冷たい風が車内に入ってきてめちゃくちゃ寒かったのですが、そんなハプニングにも「寒い寒い」と言いながらも笑い転げれた自分たちは若かったなと今となってはしみじみ感じます。こんなドライブ、今の車ではおこり得ないのでしょうけど、それだけに貴重な体験だと心に残っています。

一人でのロングドライブ

僕はドライブが大好きです。といっても長距離ドライブですね。仕事でも営業で高速道路を使って走ったりして一日数百Kmは走っていました。そんな環境で走りなれていたのか一回のドライブ距離が長いのですね。

結婚して夏休みに家内の実家に帰省する時も車での移動なので一日1000Kmは走りました。
一番、楽しかったのは東北にいた頃のことです。家内の実家が長野なのですが子供達の休みに合わせて先に実家に帰ります。

盆休みに入ると僕が家内達を迎えに行くように車で長野まで行くのです。毎年のことなのですが、一人でのロングドライブということもあり高速道路を使わずにのんびりドライブが楽しめるのです。

普段の帰省ルートは東北自動車道から福島・磐越道で新潟経由の長野ルートです。でも一人旅ということもあって、ゆっくりと一般道路を使って帰るのです。

そのルートの一つにあったのが、会津坂下という場所から只見川というルートで新潟までの山越えです。この只見川は日本でも有数の水力発電の場所のようなのですが発電所がいくつもいくつもあるのです。この川沿いはとても風情があり、好きなルートなのです。

といっても普通の人は通ることが少ないのでしょうが昔から通って見たいなと思っていたのでした。冬の時期は雪のために閉鎖される所なのでまさに秘境を走っている感じなのです。そんな感じでのんびりドライブを今でも楽しんでいます。

楽しくて爆睡の愛犬たち

「犬と一緒にドライブ」
うちの犬はドライブが大好き!なかなか休みを取れない私ですが、年に2回のドッグフェスティバルが楽しみで行ってます。

これがなかなかの場所で開催されているので、愛車のアクアで約2時間ほどのドライブになります。朝から頑張ってピクニック用のお弁当を作り玄関へ、犬たちはちゃっかりドライブボックスに収まり待ち構えてた。私より行く気満々だ。

車の中は犬使用、犬嫌いの人が乗ったら悲鳴をあげるでしょう。車を走らせると必ず窓を半分開け吹き込む風と遊び始める犬たち。風が顔に当たるのが楽しいみたいです。

しばらくすると道路をお散歩犬をみつけて吠え始めた、どこで吠えているのか探すお散歩犬。
何が楽しいのか2匹でコソコソ話すようにじゃれている。

山に入ると気持ちいい爽やかな空気がアクアの中に入り込んできた。フェスティバルの会場は犬だらけ、ちなみに私同様車で来ているから車だらけ。

会場では運動会や仮装大会で盛り上がり、臨時のドッグランもありノーリードで他の犬たちと遊びまわりました。仲良しになった犬友たちに後ろ髪を引かれながら会場を後にしました。

帰る頃にはすっかり疲れきった犬たち。心地よい疲労感が私を包み、バックミラーで後ろを見てみると疲れきった犬たちが、2匹体をくっけていびきをかいて熟睡モードでした。楽しかったのね~もう少し君たちが喜ぶようにドライブの連れて行ってあげよう。